作業実績

2022.04.19

メルセデス・ベンツ W211 車検整備で入庫しました。

[兵庫県・姫路市・太子町・相生・赤穂・上郡・関西一円からのご来店・全国からのお問い合わせも多数頂いております。]

ネット問い合わせで初回ご来店依頼、修理・メンテのご依頼を一任頂きましたお客様のW211が今回、車検整備で入庫いたしました。

前回、前々回にショックアブソーバー及びフロント・ロワ・ボールジョイント交換及びインテークマニホールド他インジェクション関係を修理し快調になったことでご満足いただき今回の車検・整備でこれまでの垢を全て落としていきました。

最初にストラット・アームの交換です。ベンツの定番箇所です。
ストラット・アームのボール・ジョイントがユルユルになっていましたので左右交換いたしました。

続けてリア・ブレーキパッドの交換とブレーキのエア抜き作業です。W211前期型の悪名高いSBC装備のブレーキとなります。
通常のエア抜き作業やパッド交換ができないためパッド交換等対応できる整備工場が限定されてしまいます。
診断機にてSBCを停止しバッテリー上がり対策をしてから作業開始となります。
リア・ブレーキパッドを交換したあと、4輪ブレーキ・オイルの交換とエア抜き作業を実施。ブレーキ・オイル圧送方式でエア抜き作業を実施いたしました。
おそらく過去の整備で一度もエア抜き作業を実施されてなかったのか、かなりエアが噛んでいました。
エア抜き作業後、ブレーキの引き摺りもなくなり発進もスムーズになりました。

続けてATF交換です。
走行距離120,000キロでしたのでATF交換を実施。
こちらも、過去にATF交換された形跡がありませんでした。
今回、ATオイルパン洗浄ATフィルター交換オイルパンガスケットと取り付けボルトが再利用不可ですので新品に交換。
ATFはWAKO’SのプレミアムSを使用いたしました。

エンジン回りの整備です。
前回の修理でインテーク・マニホールドを交換した際、他の不具合箇所も全て修理していましたので今回は、エアフィルターの交換とエンジン・オイルとオイル・エレメントの交換、エンジン・オイルはFUCHSのFLEX3 5w‐40を使用いたしました。

W211では概ね対策済みであるはずのカムマグネットのオイル漏れ対策がされていませんでしたので、今回、オイル漏れ対策のハーネスを追加いたしました。

最後にヘッドライト・スチーマーを施工、曇ったヘッドライトもスッキリし、車検整備完了いたしました。

当社に初めて入庫した時、女性オーナーという事もあり、過去に依頼されてた整備工場でかなりズサンな整備??をされて完全にクタビレきった姿でしたが、キチンと整備することでバリっとしたベンツらしい乗り味が蘇りオーナー様も大喜びしていただきました。

W211も、まだまだ、捨てたもんではありませんね!

対象車両情報

メーカー・ブランド 車種
メルセデス・ベンツ Eクラス

コメント

コメントフォーム

フィード

ブログ内検索